第240回リレー講演会(産学官連携)

Category: 各種研究会
【第240回リレー講演会(産学官連携)申込フォーム】
■開催日時:2021年12月16日(木) 13:30~16:40
■会場:Zoomによるオンライン開催
講演1                                
13:30~14:30
【演題】「信州大学における産学官連携の取り組み」
講師: 信州大学学術研究・産学官連携推進機構 
助教(URA) 宮原 大地 氏
概要:信州大学では「研究力強化」、「外部資金獲得による経営基盤強化」、
「産学官連携による地域貢献」をミッションとする学術研究
・産学官連携推進機構(SUIRLO)を設置し、大学と産業界が一体と
なって様々な研究成果を創出するための活動を応援してきました。
産学官連携には様々な形があり、多様な連携事例やユニークな成果が
生まれています。
そこで今回は、信州大学における産学官連携の枠組みを中心に、
今後の産学官連携のヒントとしていただけるような事例や
アイディアなどを
ご紹介したいと思います。

講演2                               
14:30~15:30
【演題】「JST産学連携支援事業及び産学連携の事例のご紹介」
講師: 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
産学連携展開部 地域イノベーショングループ マッチングプランナー
(広域関東圏 東京オフィス)青柳 重夫 氏
概要:大学等で生まれた国民経済上重要な科学技術に関する研究成果を
実用化することにより、社会へ還元することを目指す研究成果最適展開
支援プログラム(A-STEP)を中心に科学技術振興機構(JST)の産学連携支援
事業及びA-STEP終了後、企業での開発継続により製品化を果たした事例
についてご紹介します。
<休憩10分>
講演3                               
15:40~16:40
【演題】「大学等の研究成果の社会実装!」
講師: 株式会社 信州TLO 代表取締役社長 大澤 住夫 氏
概要:大学等技術移転促進法に基づき、2003年4月に文部科学省・経済産業省
から承認を受け、承認TLOとして信州大学や長野高専の技術移転業務を
18年間行ってきました。特許のライセンス業務を中心に、信大工学部内にある
長野市ものづくり支援センターUFOnaganoの管理運営。
研究開発事業の独創的シーズ展開事業(JST)、戦略的基盤技術高度化支援事業
(経済産業省)、医工連携事業化推進事業(AMED)のマネジメント業務等、
研究成果の社会実装に向けた様々な業務を行ってきました。
今までと現在の取組みについて紹介させていただきます。 
■詳細
詳細・申込書はこちらをご覧ください
●申込
第240回リレー講演会【申込フォーム】からお申し込みください。
■お問合せ
AREC・Fiiプラザ事務局
TEL/0268-21-4377 FAX/0268-21-4382 
Mail/mousikomi@arecplaza.jp