第13回ものづくりパートナーフォーラム

Category: 催し物
2016年7月に東信州エリアの9市町村からなる
東信州次世代産業振興協議会が発足してから2年有余が経過し、
その間東信州次世代イノベーションセンターで基本となる
東信州次世代イノベーションプランが策定され、企業などから
それに沿った事業アイデアが寄せられています。
イノベーションセンターでは、それらを具現化するために
事業アイデアの開発プロジェクト化を進めていますが、
そのためには各プロジェクトの中核企業だけではなく
協業できる企業も必要となってまいります。
今回の第13回ものづくりパートナーフォーラムではこれらの
プロジェクト案件をご紹介いたしますので、企業の皆様に
おかれましては、ご関心のあるプロジェクト案件への参画を
ご検討いただく機会としていただければ幸甚です。

●日 時:令和元年 7月4日(木)  13:00~17:10
    終了後 名刺交換交流会を開催
●会 場:ベルウィンこもろ
(小諸市相生町2-3-5 TEL 0267-22-9410)
●主 催:東信州次世代産業振興協議会、
東信州次世代イノベーションセンター、AREC
●共 催:佐久産業支援センター、千曲市産業支援センター、
さかきテクノセンター
●後 援:上田商工会議所、佐久商工会議所、小諸商工会議所、
千曲商工会議所、東御市商工会、八十二銀行、上田信用金庫、
商工組合中央金庫、長野県信用組合、長野銀行(連携協定金融機関5行)
●参加費:フォーラム、交流会とも無料  
●定 員:80名程度
<プログラム>(予定)
■13:00~13:10
主催者挨拶 小泉俊博 小諸市長
岡田基幸 東信州次世代イノベーションセンター長
■13:10~13:25 経産省 グローバルネットワーク協議会の
支援メニュー紹介 梶川 義実 事務局次長
■13:25~13:40 東信州次世代イノベーションプラン、
及びプロジェクト概要説明
■13:40~16:10 第1部 各プロジェクト等の詳細プレゼン 7件

1.超高齢化社会を救う 「人に優しい“着る”ロボットの事業化支援」
 【信州大学繊維学部での研究成果の社会還元を目指して、
 大学発ベンチャー企業としての事業化を加速】
 AssistMotion 株式会社(上田市)
2.農業従事者を守る 「自動運転サービスの事業化検討支援」
 【地域内外の先進的な企業群、地元JA、農政部門等との連携により、
  現場起点の解決策を検討】
  株式会社マクニカ(横浜市)
3.積年の労苦を助ける 「ラジコン式草刈ロボットの実用化支援」
 【企業、地元出身の大学研究者、JAおよび農業関係者が結集して
  実証実験を開始し本格運用にむけ推進】
  株式会社牛越製作所(岡谷市) 
4.時代を先駆ける 「スマート農業加速化プロジェクト事業支援」
 【ICTを活用した野菜栽培と地域経済の活性化】
  有限会社トップリバー(御代田町)
5.バイオマスを熱源とする 「国内初スターリングエンジン
  事業化支援」
 【農業用ハウスや避難所向け自家発電式暖房システムの開発、
  実用化に向けた普及・販売を促進】
  株式会社ジェー.ピー.イー(上田市)

<休憩>15:00~15:10

6.農業をイノベートする 「ほうれん草自動収穫装置の開発」
  信州大学工学部 機械システム工学科 教授 千田 有一 氏
7.千曲川流域一帯を潤す 「東信州産・苗木によるワイン事業の
  変革支援」
  ワインジャーナリスト 信州大学特任教授 鹿取みゆき 氏

■16:20~17:10 第2部 各プロジェクトブースでの個別対応
■17:20~18:20 名刺交換交流会

●お申し込み
申込書にご記入いただき、こちらにメール
またはFAXでお送りください。
AREC・Fiiプラザ事務局 宛 
電話(0268-21-4377)メール(mousikomi@arecplaza.jp)
FAX(0268-21-4382)
■詳細:
詳細・申込書はこちらをご覧ください